企業・法人の方

企業・法人の方

法人・企業で盗聴・盗撮されるケース

企業の場合は、目的がはっきりしていることが多く、その分巧妙な手口も見受けられます。
産業スパイから始まって、インサイダー関係まで幅秘匿行われています。
株主総会や商品情報など企業には、情報=金に繋がるネタが転がっています。
下手をすると、その企業の命取りになる情報も数多くあるでしょう。
しかし、日本の企業は事の重大さに気付かず、いまだに安閑としている企業が、圧倒的です。
今では、海外の企業は、その会社の情報セキュリティーで伝えて良い情報とまだその会社へは、伝えてはいけない情報を使い分けているとも言われ日本人の資質を疑われてきている状況です。
  • 1.新商品開発情報
    2.土地売買等の情報
    3.社員・顧客の個人情報
    4.リストラ等の社員管理
    5.女子更衣室・女子トイレ
    6.役員室・会議室
    7.管理職者や役員の自宅等
  • 法人・企業で盗聴・盗撮されるケース

こんな場所から発見されています

  • ・重要な商品開発等の会議室で
    ・重役の乗車する車等でも
    ・ホテルの客室・トイレにも
  • こんな場所から発見されています