個人の方

個人の方

一般家庭で盗聴・盗撮されるケース

意外かもしれませんが、企業より個人の方が防御策に対して意識がゆるい分狙われ易いと言えます。
個人が狙われる理由としては、人間関係のもつれが最も多く、次に遊び半分の愉快犯、仕事関係、ストーカーがらみといった理由がよく見受けられます。
  • 1.夫婦・恋人間の浮気調査
    2.ストーカーが女性を狙う
    3.空き巣・どろぼう・誘拐
    4.遺産相続の揉め事
    5.前の住人の置き土産
    6.子供・家人の監視
    7.盗聴・盗撮遊び
  • 一般家庭で盗聴・盗撮されるケース

こんな場所から発見されています

盗聴器・盗撮カメラは今や一般大衆まで広がりを見せ、多種多様な目的・理由で使用されています。

  • ・一人暮らしの女性の部屋で
    ・知人から貰った物の中から
    ・玄関等のポストの中
    ・戸外の電話配線から
    ・エアコンから盗撮カメラが
  • こんな場所から発見されています